矯正のデメリット

矯正のデメリット

矯正治療にはいいこともたくさんありますが、デメリットもないわけではありません。主なデメリットは以下の5点です。

装置をつけて生活しなければならない

矯正治療中は、歯を移動させるための装置をつけて生活しなければなりません。装置を装着していると時として違和感や痛みを覚えることがあります。特に成人の場合は治療が長期化しやすく、それだけ違和感や痛みを覚える期間が長くなりがちです。また、装置があるせいで一部のもの、例えばガムやキャラメルなどの粘着力があるものが食べられなくなることがあります。

また、矯正装置は物によっては結構目立ちます。人前に出る仕事をしている人などは見た目の問題からつけられない、もしくは付けたくないというケースも有るかもしれません。最近は比較的目立たないセラミックやプラスチックを使った歯科矯正も登場してきていますので、気になる方は医師と相談の上装置を決定してください。

費用がかかる

矯正治療は原則として保険診療が適用されないため自費治療となります。費用がどれくらいかかるかはケースバイケースなのでなんともいえませんが、一般的な矯正の場合はだいたい80万円程度の出費は覚悟しておいたほうが良いでしょう。

なお、生まれつき永久歯が6本以上かけていたり、国が定めた先天疾患である場合は、保険診療が適用されることがあります。

歯根吸収のリスクが有る

歯根吸収とは、歯根、つまり歯の根っこの長さがが短くなってしまうことです。治療の際に無駄な動きや無駄な期間があると、歯根吸収のリスクは高くなります。特に大人になってから治療を受けた場合は歯根吸収のリスクが高まるので要注意です。

このように矯正にはメリットとデメリットが有りますが、費用が用意できるのならば矯正治療は受けたほうが良いです。矯正治療によって得られる審美性や機能性の向上は何者にも変えづらいものです。もちろん受けたくない人が無理に受ける必要はありませんが、今の自分にコンプレックスを感じている場合は、我慢せずに受けたほうが良いでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です